​ガラス製作体験

学習ポイント

ガラスの街小樽にはたくさんのガラス工房があります。それぞれ特徴あるガラス工芸品を制作しておりますが、近年の体験ブームに合わせてさまざまなガラス工芸の体験メニューが用意されています。原料や素材が変化し製品に変わっていく面白さと、ものづくりの楽しさを実感し、制作にかかわる職人の仕事の一端を体験することで、ものづくりの職業への理解を深めます。

製作体験の種類

✿吹きガラス

熱いガラスを吹いてグラス、ジョッキ、浮き玉などを作成します。色や形、模様などもコースによってさまざまです。

✿とんぼ玉

ガラスの棒をガスバーナーで溶かし、巻きつけて丸い玉を作ります。ストラップやアクセサリーに加工する体験もあります。

✿サンドブラスト

好きなデザインを描いたシートをグラスに貼り、特殊な砂を吹き付け、くもりガラス加工を行います。

 

✿フュージング

ガラスの板の上に小さなガラスのビーズを並べて溶かし、アクセサリーや箸置きなどを作成します。

 

✿ルーティン

直接グラスに絵や文字を彫り込む体験です。

 

✿ステンドグラス

着色ガラスの小片を結合して、絵や模様を描く体験です。

tonbo2.jpg
hukigarasu.jpg
sand.jpg